PUBLICATION:”翻訳するディスタンシング/Translating the Distance”(2022)

Book of the art project ALLNIGHT HAPS 2020 “Translating the Distance” has been published.

2020-2021に実施した、アートと翻訳に関する対話の企画及び展覧会であるALLNIGHT HAPS 2020「翻訳するディスタンシング」の、記録及びその後の内容の延長となる資料集を製作。(写真:小出麻代)

参加作家5名とその協力者との、半年にわたる対話と翻訳の過程で生じた様々なメモ・解説・翻訳文などが22種類の個別の冊子や印刷物として作られ、展覧会の記録写真と共に収められている。表紙には展覧会開催時にDMとして使用していたフセンを貼り、シルクスクリーンで図柄を一枚一枚手刷りしている。

販売中
『翻訳するディスタンシング』
Translating the Distance
1冊2,750円(税込)

——

購入時のご注意

  • ご購入の際は問合せフォームまたは「翻訳するディスタンシング」のinstagramのメッセージにて直接お声がけください。ご質問等も同じくそちらにて。
  • お支払いは銀行振込にてお願いしております。詳細は直接ご連絡いたします。
  • 配送時は、クリックポスト(送料185円)で簡易梱包にて送付いたします。(2冊以上ご購入の場合はご相談ください。)
  • 送料・振込手数料はご負担お願いいたします。
  • フセンの色や冊子の印刷の色に多少バリエーションがあります。その時できているものをお送りするため、お選びいただくことは難しいです。ご了承ください。
  • 佃が一人で未だ製作中のため、到着まで少しお時間いただく可能性があります。ご了承ください。

—–

(内容物)
・企画終了後に参加作家5名(小出麻代・長谷川由貴・小林太陽・村上美樹・西尾佳織)と行ったトークの抜粋
・展覧会の写真記録
・参加作家が企画の最中や企画の後に書いたメモやテキスト
・各作家の対話・翻訳にご協力いただいた方々の、解説文、エッセイ、翻訳文、メモ、など

●企画・編集=佃七緒
●表紙図案=佃七緒
●表紙印刷=小出麻代
●デザイン=伊藤裕
●本冊子は、小笠原敏晶記念財団2021年度『第2次新型コロナウイルス特別助成(現代美術分野)』によるご支援のもと製作いたしました。長期間にわたる製作に、大変寛容にご対応いただき、関係者の皆さまに心より御礼申し上げます。