2014 / 2015kyoto / 2015spain / 2016 / 2017 / 2018 / 2019kyoto2019asuka2020

2015 – Kyoto, Japan

Graduate exhibition at Kyoto Municipal Museum of Art, Kyoto, Japan.
京都市美術館(現京都市京セラ美術館)修了作品展での作品。

” I have nothing, I only have some stories to tell you.”
『何もないのよ、いくつか物語りができるだけ。 』

Ceramic pieces and the drawing comes from artist-in-residence in Colombia in 2014.
The wooden tables, shelves and frames are mostly made of woods from a Japanese old house where now the artist is using as a studio. The Japanese house was just at the time for conversion.

How the ceramic pieces are settled is all related to the exhibition held in Colombia, which was the first time for the ceramic pieces to be exhibited. The show in Colombia was held in a house that was also just before conversion.

The composition of the works is showing the image of the exhibition room in Colombia, which is now just in the artist’s memory. The memory is recalled through the perspective of the artist, which has been gained in the living in Japan.

The title, ” I have nothing, I only have some stories to tell you.”, is from the words of a lady who the artist interviewed in Colombia.

2014年にコロンビアにて制作した陶とドローイングを、日本にて再構成した作品。
木製の台や棚は、作家の現アトリエとなっている古い家の改築前に出た廃材を主に制作されている。その形状や配置は、コロンビアでの作品展示時に用いた一軒家での展示室を元に構成されている。

記憶の中の展示室の様子は、今は日本にいる作家の眼を通して思い出されて再現されており、その眼は、日本で生まれ育ち、日本の生活の中の風景を見て育まれたものである。記憶を改ざんしながら思い出すこと、それでも取りこぼしたくない要素などを模索する試みである。

タイトルは、コロンビアで取材をした女性の言葉より抜粋した。