2014 / 2015kyoto / 2015spain2016 / 2017 / 2018 / 2019kyoto / 2019asuka / 2020

2020 – Osaka, Japan

Solo exhibition, ’18+9 Correspondences with Can Bancells’, Gallery Yu-Ei, Osaka.
個展「石積みの家との18+9通信」ギャラリー佑英、大阪。

Photos by Takeru KORODA

(日本語は後述)
The idea of the exhibition started from the series made in Spain in 2018. The works are mainly about the old stone-build house, ‘Can Bancells’, where the artist stayed and worked. Each work is attached with an old metal piece (picked up in the house) and a contract. The contract is to the person who will possess the work in the future. ‘The owner’ is responsible to install the work, take a photo of how it is re-located to a new place, and send one photo to the house, ‘Can Bancells’, as alternatives of the metal pieces that had went out of the house.

In March 2020, because of the COVID-19 stiuation, exhibition was postponed to October. Getting some time to spare, the artist decided to work on a project with the works that she have already made. She sent 9 set of work to 9 participants, and asked them to become ‘the owner’ temporarily for a month.

The composition of the exhibition is all related to the settings that shows up in each photo given from the 9 participants. The tables, book shelves, and daily objects that can be seen in the photos are imitated by the artist. These creation to set the works are also one correspondence of the artist with the participants and the house, ‘Can Bancells’.

Through all these creations, the artist is thinking about ‘how things can be set’. As we always set things somewhere in our everyday life, the position of the objects shows our interest, habit, or how we live. Those ‘settlement’ is not always as sublime as the ordonnance of ‘ART’, but the artists thinks that it is always attractive enough to start a new creation of art.

– – – – – – – –

Photos by the 9 participants.

9名の参加者の方に頂いたお写真。

– – – – – – – –

2018年にスペインの石積みの古家にて滞在した際、その家でかつて使われていた様々な錆びた金属部品を用いた小作品を制作した。これらの作品は、作品譲渡の際の契約書も含めて作品としている。契約によってこの作品の新たな持ち主は、それぞれの判断で作品を設置し、その空間ごと写真を撮影、そしてその写真を元のスペインの古家へと送り返すという義務が生じる。この古い家を旅立った金属片を通して、この家のこれからの時間と関わっていくという試みである。

それらを日本に持ち帰り、2020年春に展覧会を予定していたところ、コロナ禍により中止・延期となった。人の手に渡ることを目的とした作品のため、ギャラリーの協力も得て、作品を希望者に一か月ほど貸し出し、契約書の下、作品の展示・撮影とその写真をスペインに送付していただく企画を行った。

2020年10月のギャラリーでの展覧会では、作品を貸し出しした9名の方に撮影頂いたそれぞれの作品写真を元に会場の構成を行った。写真に写り込んだ、個人の生活空間・野外での仕事場の様子・組み合わせて置いた個々人の私物・たまたま隣り合って写った物など、様々な要素を、作家の目を通して抜き出し、別の素材で再現を行い、作品を配置するための「展示台」のようなものとして配置し、空間を構成する。それは、企画参加者とスペインの古家とのやりとりに作家も参加することで、いくつかの時間と空間の層を重ねる試みと言える。

3年ほどにわたる制作の中で、「ものを置く・据える」ということに注目してきた。写真の中の限られた情報を読み取って抜き出し、次の「置く」を行うこと。毎日の「置く」と、美術の「置く」を混同してしまうことを私は必ずしも好きではないが、それぞれの人の「置く」の隠しきれない熱のある部分を読み取ることは、次の美術を「置く(生む)」ことを誘発する大切な要素だと考えている。

– – – – – – – –

“18+9 CORRESPONDENCES with CAN BANCELLS”
「石積みの家との18+9通信」
●2020 10/17-10/23
●Galleru Yu-Ei (Osaka, Japan) / ギャラリー
佑英(大阪)

《助成》
大阪市助成
アーツサポート関西
本事業は,「新型コロナウイルス感染症の影響に伴う京都市⽂化芸術活動緊急奨励⾦」の採択事業です。